Twitterの方にいる人は知ってると思いますが、最近Vtuber界隈を追っかけてます。
いやー夢現が交差する面白い時代になりましたね。

でまあ最近Vtuberが気軽に増え過ぎてこのままだとコンテンツ力が低下するという意見を見かけたので、個人的に思うところを落書こうかなぁと。
全部をちゃんと追いきれてるわけではないので、ご認識や間違いがあったらこっそり教えてください。
あと以下ではVtuberの意味をだいぶ広めで取ってます。


まず、一口にVtuberと言っても大きく分けて3タイプあるんですよ。

一つはVtuberの呼称に一番イメージの近い動画配信メインの方たち。
皆さんお馴染みのキズナアイちゃんとか輝夜月ちゃんとか、いろいろやった動画を作って投稿するのを主とした、従来で言うところのyoutuberやうp主。
いろんな企画をやってる人もいれば歌を上げてる人もいるし、ゲーム実況や技術報告してる人もいる。
ここが一番コンテンツの意味合いが強いかな。
あと企業勢はだいたいここにいる気がする。

一つは生放送を主体とした、いわゆる生主。
最近目覚ましい活躍をしてるにじさんじ勢や、kawaiimoveでお馴染みののらきゃっとさん、ボーチャルキャストの立役者のみゅみゅさんとかもそうですね。
この層はあまりVtuberとは名乗ってない印象がありますね。
にじさんじ勢はバーチャルライバーですし、みゅみゅさんは今も昔も一貫して生主(バーチャル云々すら言ってない)ですし。
のらきゃっとさんは一応Vtuberって言ってるか。
最近ではバーチャルキャストができて、より一層生放送やりやすくなった印象があります。

そして一つはVRChatを主戦場とした交流メインの方たち。
ここは今急速に勢力拡大というか急成長というかしていて、皆個人でも活動したりはするけど、定期的に動く城のフィオさんとかが企画を立てて大人数で集まってワイワイやってますね。
最近ではHIKKY主催で落語家の桂枝太郎さんをお招きしてVR落語会をやってたのが記憶に新しいです。
またVroadCasterという番組もできてきたりしてます。
この層の強みは何と言っても、動画投稿者を常に悩ませる他の人と同じような事をやってるマンネリ感が生まれにくい事。
やっぱ人が集まって起こる化学反応は強い、、、
あとこの層もVtuberと名乗ってる人が少ない気がしますね。
最初はVtuberって名乗ってても、途中でやりたい事とずれてるなーという事で肩書を変えてる人も結構出てきたしね。


でまあ何が言いたいかと言うと、上の分類見ても分かると思うけど今はもう交流重視の層がだいぶ拡大してきているんですよ。
生放送勢は主に視聴者との交流、VRChat勢は主に他のVRChat勢との交流、また動画配信勢も含めて全体的に皆twitterとかでの交流を活発にやってる。
これは最早Vtuberという概念自体が一種のSNS(交流ツール)になっていると見ても過言ではないのでは? と思うわけですよ。
これ、もうコンテンツという枠組みから外れてきてない?
アイちゃんがVtuberの下地を作ってたときは確かにコンテンツだったと思います。
でもその後流星の如くねこますさんが現れ、フィオっさんも言っていたねこますショックが起きた結果、Vtuberの枠組みがどんどん変化していったように感じてます。

話はちょっと飛ぶけど、ねこますショックと言えば昔に同じ流れを見たような気がしてて、それがVOCALOID。
元々MEIKO、KAITOがいてその段階でも曲を作ってる人はいたけど、初音ミクが登場してそれに刺激を受けた人達によって界隈が一気に活性化し、今ではボカロ曲が日常に溶け込むようにまでなった。
いわば初音ミクショック!
つまりねこますさんは初音ミクだった、、、!!

とまあ冗談は置いておいて、VOCALOIDも最初の頃は調教という意味でのクオリティはイマイチだったけど、人や作品が増えるにつれてどんどん洗練されていったじゃないですか。
Vtuberもそれと同じ事が言えるんじゃないかなーって。
つまりどんどんVtuberが増える事でそれに刺激を受けてより昇華されていくのではないかと。
それを考えると、界隈を盛り上げて刺激とするという意味でも、周りのクオリティが上がっていってどんどん新規参入が難しくなるという意味でも、今の時点で気軽にVtuberに参入しとくべきなのではないだろうか。

まぁでもVtuberというの自体はそのうちなくなっちゃうかもね。
今と同じ感覚でVtuberを見れるのは今だけですよ。
そのうち皆あちら(VR)側に行く事になるだろうし。
【追記】
たぶん大丈夫だとは思っていますが、もしこの先2Dアバターでの生放送"だけ"が急速に伸びていった場合はちょっと危ないかもしれないなぁというのはある。
2Dアバターや生放送が良いとか悪いとかの話じゃなくて、あれだけだとできることの幅が少なすぎるからどこかで頭打ちになりそう。

2018.06.09 Sat l Vのやつ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyusonoseisakunikki.blog95.fc2.com/tb.php/627-5b36ad0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)