上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昔から滅茶苦茶影が薄くて、隣にいても見失われるくらいなんですが、どうにかならないかなーって。
最近もそれ関連で盛大にやらかしたのがあって、早急に解決しなきゃなって気持ちになってます。

一応目立つであろう赤い服とかきて本人が目立たないなら装飾品を目立たせれば良いんじゃないか作戦とかしてるんですけどねぇ。
イマイチ効いてるのかどうかよくわからない。

それで去年は赤い服ずっと着てたんですが、着ているうちに妙に気に入ってしまいまして。
たぶん今年もイメージカラーとなるくらいの勢いで赤着そうですね。


脱線はさておき、影の薄さを緩和するにはどうしたらいいのか。
まず、影が薄いっていうのはどういうことなのかの定義から始めた方が早いですかね。

まぁ要はいるかいないかわからない、そこにいても気付かれないってことだから、
①常に死角にいる
②周りに溶け込んでて見つけられない
のどちらかか。

①については歩いてるときとかによく人の斜め後ろとかに陣取っちゃったりするんで、それを止めるべきなのかなぁ。
あと気がついたら後ろにいると言われてしまったりもしてるので、それも改善すべきですね。
後者に関しては声かけようとして逡巡してる場合もあるんですが、まぁせめて横から声かけようとするべきか。

②に関しては純粋に見つけられない場合と、所謂モブとして認識されてしまって意識外に追いやられてる場合があるのかな。
前者に関しては中肉中背のモブ顔なのはどうしようもないし目立つ格好を続けましょう。
問題は後者ですねぇ。
そもそも知り合いとして認識されていないのか、それとも興味を持たれていないのか。

身内として認識されていない場合は集まりに定期的に顔を出すのと、迷惑にならない程度に積極的に声かけるくらいは必要ですかねぇ。
あとカクテルパーティー効果とかいうのもあるみたいだし、呼び掛けるときには名前をちゃんと呼んだ方がいいのかな。

興味持たれていない方は厄介で、相手を分析してその人との共通の話題を見つけていくくらいしかないかなぁ。
そのためにはいろいろなことに手を出して話の幅を広げていくのが近道かしら。

なんにせよ、もうちょっと人に興味持ってコミュニケーションを取りましょうねっていう話に回帰する気がしますね。
以上のことに気をつけて、今年は「影濃くして!」って応援上映されないように頑張りましょう。
2017.01.10 Tue l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyusonoseisakunikki.blog95.fc2.com/tb.php/621-4e257a57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。