上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨日は卒研配属の面接の予約のメールが来ていたので、
それにちょっと返信してたり。
それで一応今日の夕方という事に決まりました。

いやはや面接怖いですよぅ……
それに「やる気」「志望動機」「期待する事」を
明確に説明出来るようにしておけって言われてもなぁ

志望動機はまだ簡単。
一応なりとも理由は持っていますしね。

期待する事もまぁなんとか。
いろいろと充実している研究室ですし、環境が良いと楽だからね。

問題はやる気ですよ。
いやまぁやる気自体はあるんですが、
それを説明しろってどないすればいいねん。
希望する事に絡めて、一歩上の研究をしたいとか言っておけばいいのかなぁ
まぁ嘘ではないですし。
 
ちょっと心配なのが、ギリギリ定員オーバーになっちゃったんですよねぇ
六人の募集に対して希望者七人。
成績とか持ち出されたら誰にも勝てる気しないんで、ちょっと怖い。
でもまぁここで決められなかったら四月まで研究室決まらない気がするんで、
ちょっと頑張りますですよ。
 

ところで、面接の詳細とかって普通学籍番号対応の学内のアドレスに届くんですよ。
現に他の所はそこに来ていますしね。

でも、私の所に届いたのはそこではなくて何故か携帯のアドレス。
何故ですか……

内容は一度送ったメールの転送の体で、
それを見るに学内メーリングリストに一度は送った模様。
でもそっちにはメール来てないw

研究室公開の時に書いたアドレスですらないんですよねぇ実は。
あの時はたしかgmailのアドの方書きましたもんたしか。
そして携帯のアドレスはあそこら辺では登録してないっちゅう。

どこから出て来たんだ私の携帯アドレスは……w
スポンサーサイト
2010.11.30 Tue l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日はTOEICを受けに高田馬場まで行ってきました。

いやぁギリギリ時間内に終わったものの、点数の方は結構キツそうです。
今回は微妙なのと分からないののオンパレードでしたからねぇ

一応事前に模擬テスト的な物をやったら600点近く取れていたのでイケるんじゃね?
とか思っていたんですが、現実はそんなに甘くないようです。

また受けにいくのは面倒臭いなー
運良く高得点が取れている事を祈りましょう(実力で取れ
2010.11.29 Mon l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
日曜がTOEICなのでそっちをやりたいのですが、
そういう時に限ってレポート提出が月曜だったり。

TOEICに全力を注ぎたいけどレポートもやらなきゃマズいし、どうしましょうかねぇ

一応木曜レポート出来る所までやって、金土でTOEIC、
それで日曜帰って来てからレポート残りで大丈夫かなぁ

最近スケジュール自体には空きがあるはずなのに、
無駄に忙しくて困るわぁ

まぁ皆はスケジュールにも空きがないんだろうから泣き言は言えませんけどね。

とりあえず明日はレポートと受験票用の写真を忘れないようにっと。

 
どうでもいいメモ:ソードワールド

 

みみずかんさつにっき(59にちめ)

そろそろバナナが形がなくなってきた感じです。
あとリンゴが減ってきたのが目に見えるくらいに。
ミミズもっとガンバレーヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸
2010.11.25 Thu l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
3日目終了ですわー

今日回った研究室は4箇所。
なんか向こう行ったらやっぱいいやーって気になったのがいくつも出てきてですねw

これで合計8箇所か。
んでそのうち既に除外したのが3箇所なので、これから吟味して1/5を選ばんとですわね。

まぁ成績的にここで選んでも駄目っていう可能性高いんですけどねーw

 
そういえば明日って平日なんですよねぇ
ここ3日毎日出てたんで休日があった気がしないw
とりあえず課題いくつか消化しとかなきゃだなぁ
2010.11.21 Sun l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
原理(個人知識による動作理論):
双安定マルチバイブレータ

双安定マルチバイブレータ
図1-1 双安定マルチバイブレータの回路図

図1-1の回路において、NOT回路の前後ではHとLが入れ替わるので、
①にトリガパルスを入れるとaがHになって(a→b→c→d→)は
(H→L→L→H→)を取る。次に②にトリガパルスを入れると今度は
bがHになって(L→H→H→L→)を取る。これらは①または②に
トリガパルスを入力しない限り変わらない。
この動作を図にすると図1-2のようになる。

双定マルチバイブレータ_反応
図1-2 双安定マルチバイブレータの動作図


単安定マルチバイブレータ

単安定マルチバイブレータ
図2-1 単安定マルチバイブレータの回路図

図2-1の回路はコンデンサCが電荷を蓄えて電圧を生じさせるため、
(L→H→H→L→)の状態で安定する。この時①にトリガパルスを入れると
aがHになり、(H→L→L→H→)に変化する。この状態で時間が経つと、
コンデンサに電荷が蓄えられてbcがまたHになり、(L→H→H→L→)状態に戻る。
切り替わるのに必要な時間は約RC秒である。
この動作を図にすると図2-2のようになる。

単安定マルチバイブレータ_反応
図2-2 単安定マルチバイブレータの動作図


無安定マルチバイブレータ

無安定マルチバイブレータ
図3-1 無安定マルチバイブレータの回路図

図3-1の回路において、C1が充電されると(H→L→L→H→)になり、
その約R2C2秒後にC2が充電されて(L→H→H→L→)になる。
さらにまた約R1C1秒後にはC1が充電されて~を繰り返す。①にパルスを入れると、
そこから繰り返しが始まる。この動作を図にすると図3-2のようになる。

無安定マルチバイブレータ_反応
図3-2 無安定マルチバイブレータの動作図


雑記:
単安定マルチバイブレータ
・NOT回路に使うチップはM74HC540Pにする予定。
・トランジスタを使わないのは↑の動作テストもしたかったため。
・R=200Ω、C=4700μFかR=200Ωor400Ω、C=3300μFの組合せの予定。
・①の入力に水銀スイッチ、出力確認にLEDを用いる予定。

これで出来るかしら?
むしろこれで合ってるかしら?

【追記】
単安定マルチバイブレータを適当だけど一応組んでみた。
2010.11.21 Sun l メモ l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。